ーよくあるご質問

ーよくあるご質問2019-10-02T15:41:58+09:00

&

よくあるご質問にお答えします

演奏中にどこかが痛くなる方、窮屈な方に!
歌う方・ピアノなど楽器を演奏される全ての皆様へ
オススメのコースです。
ご受講前にご覧になってくださいませ

自分のからだについて間違った思い込みをしていると、動きが制限されることがわかっています。 講座タイトルと同名の本は音楽書のベストセラー。実は、この講座の復習用テキストです。音楽する時のご自分の「からだ」 に興味のある方、是非、この機会にご受講下さい!

AEコース(「音楽家なら誰でも知っておきたい『からだ』のこと」)はどのような人が受講されるのですか?

Answer

受講される多くはプロで演奏活動をされている方、教えていらっしゃる方、演奏家を目指す音大卒業生や音大生の方です。しかし、「からだ」の使い方にご興味のある方ならどなたでも受講できます。年齢も小学5年生以上ならどなたでも大丈夫です。
楽器も声楽、ピアノ、チェロ、ヴァイオリン、フルート、トランペット、ホルン、トロンボーン、打楽器など様々な楽器に対応しています。またクラシックだけではなく、ポップス、ジャズ、ロック、シャンソン、雅楽など他の分野の方にも対応しています。
さらに音楽以外では、クラッシックバレエの方、サッカーのコーチの方、そして医学関係では整形外科医や口腔外科医、理学療法士や言語聴覚士、整体師の方も時々いらっしゃることがあります。

AEコースのワンポイント・レッスンの時間にはどのような曲を用意しておいたらよろしいですか?

Answer

十分歌える(弾ける)簡単な曲ではなく、ご自分にとって問題点が明確な曲をお持ち下さい。
つまり演奏会やオーデイションではないですから、きちんと歌える(弾ける)必要はありません。動きのレッスンだからと言って、あまりにも簡単な曲でも意味がありません。

例えば、「ここから息が苦しくなり、この音がでない」だとか、「ここまでは弾けるけれど、ここから腕がだるくなる」「これ以上テンポが上がらない」「部分練習の時はいいけれど、通してだと最後まで弾けない」など練習していてどうしても最後まで仕上がらない曲がコースには最適と言えるかもしれません。なぜならば、AEコースはその様なことを解決するためのものであり、意識やからだの動きを発見することで、それらが格段によくなることがあるからです。

もちろん、特に問題点はないのだけれど、この「ボデイ・マッピング」に興味のあると言われる演奏家の方、教えていらっしゃる方も歓迎です。
何か演奏下さい。

逆に、ひとりで人前で歌うことに抵抗のある合唱の方、あまりにも初心者だからと言われる方など、演奏をすることは強制ではありません。
その時講座に来られてから演奏されるかどうか考えられても大丈夫ですが、実際演奏されないでの受講も可能です。

LATEST NEWS

【レポート】私の生徒による≪5人で歌うドイツ歌曲な午後≫(2024年2月4日開催)

私の生徒による≪5人で歌うドイツ歌曲な午後≫ 2024年2月 2月4日(日)15時開演、【京都】バロックザール (公財)青山音楽財団助成公演 プログラムを見る ★満席の温かなお客様に囲まれて、無事終了! ご来場くださったみなさま、ありがとうございました😊😭 […]

【朝日カルチャーセンター新宿】6/8(土)『歌う人のためのはじめての解剖学」受講生募集中!(新宿教室/オンラインから選択可)

月1回・土曜日夜の朝日カルチャーセンター新宿の講座『歌う人のためのはじめての解剖学~しなやかな発声のために』。その第40回(復習シリーズ第10回)6/8(土)20:00-21:00は、4月に引き続き新宿教室でのライブレッスンで、教室かオンラインかの受講を選択できる回です! テーマは「歌うときの目」。テーマ以外にも、実際に歌っていただきながら、歌うヒントをレッスンしていきます。7月からは通常のオンライン講座に戻ります。 お申込みはこちらから↓↓ https://www.asahiculture.com/asahiculture/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=7111627

“I understand that movement is limited when I do wrong belief about one’s body. Please attend it at one, right or wrong, this opportunity to be interested in “a body” of oneself when I do music!…”

HIROKO KAWAI
Go to Top